耐震診断(木造3)


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
木造住宅の主な補強方法をご紹介いたします。


・壁に筋交いや、構造用合板を入れることで、地震に耐えられる壁を増やす。
・地震に耐えられる壁を配置良く入れて、つりあいを良くする。


・基礎コンクリートが無筋であった場合、新たに鉄筋コンクリートを抱き合わせる。
・コンクリートにひびが入っている場合、ひびに樹脂を注入する。


・床の下地に構造用合板を設置。
・吹き抜けを補強する
・火打ち梁を増強する。
・袖壁を設置する。


・屋根や仕上材を軽い材料にする。
・柱や梁、土台との接合部分を補強金物で補強する。
・老朽化や白蟻により腐朽した部材を、耐久性の高いものや防腐・防蟻処理をしたものに交換する。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

コメントをどうぞ

*

トラックバックURL:
http://www.form-d.com/wordpress/other/wp-trackback.php?p=13